学資保険って子どもが生まれる前から入れますか?お得に加入するなら…

子どものための学資保険
ようやく子どもも授かり、学資保険を考えているけどいつ加入するのが正解なんだろう?
生まれる前に加入するなんておかしいかな?

子どもができて「やったぁぁ!」なんて大喜びしても、まだまだ不安が残るもの。それがお金の話です。

これから先のお金が気になって、将来のために貯金をしなきゃ!と学資保険を考えるも、「やっぱり生まれてからじゃないとダメだよな…」なんて思っていませんか?

もくじ

実は大丈夫!子どもが生まれる前に加入できる保険もある

実は、学資保険は子どもが生まれる前から加入できるんです。出産予定日機140日前(約6ヶ月前)から、妊娠中の経過が順調な場合、加入できるようになっています。

商品によっては子どもが生まれてからじゃないと加入できないものもあります。気になる場合は、保険ショップで確認してみるといいでしょう。

子どもが生まれる前に加入することにどんな意味が?出生前加入のメリット

とはいえ、中には「生まれる前から保険なんて早いよ!」と感じているかもしれません。または周りにそう言われてしまうこともあるのではないでしょうか?

妊娠中から保障がはじまる!

お母さんと子ども

実は妊娠中に加入しておくと、この保障も付与されます。まだ子どもが生まれていなくても、契約者(主にパパ)が残念ながら亡くなってしまった場合に、保険料の払込が免除になるんです。

もちろん、その分の受け取り保険金が安くなるわけではありません。返戻率もそのままに、満期や祝い金時期に受け取ることができます。

妊娠中に加入したからといって、生まれてから加入した場合と比べて保険料が高くなるわけでもありません。妊娠中から契約者の保障の上乗せができるため、安心が大きいのが、出生前加入のメリットです。

生まれたあとよりもじっくりと保険を吟味できる

保険の見直し

妊娠時は歩くのが大変かもしれませんが、そこそこ時間があります。でもこれが生まれてしまうと大変

赤ちゃんを連れて気軽に外出はできないし、泣いたりで睡眠がままならず、日常的に疲れてしまうことも。

なんだかんだ忙しくなって保険に入らずじまい。1歳以上になってしまう…というパターンを避けられます。

年齢が上がると保険料は上がるため、返戻率(=お得率)が下がるんですね。せっかくだからもったいないかなぁと思います。

妊娠中の方が時間があるので、早めに保険ショップや訪問型保険相談にお願いして、保険を聞いてみてはどうでしょうか。子どもが生まれるのですから、ほかの保険の見直しも必要なはずです。

万が一先に加入したあとに、残念ながら死産になってしまったとしても、払込した分の保険料は戻ってくるようになっています。

妊娠が分かった時点で保険の見直しを!妊娠前に相談したってOK

※保険によってこまかく変わってしまう可能性があるため、保険ショップやFPに細かい部分を確認をしておくと安心です。

妊娠中加入の保険料の支払開始日は?

生まれる前に加入して、保険料が気になると思いますが、安心してください。加入時に保険料の払込が一度ありますが、以後は生まれてからになります。

それでも先ほど書いた通り、妊娠中から保障が始まっているので、安心は大きいですよ。

早めに準備することで心持ち楽になります。

保険は早めに準備が吉!

加入を決める前の注意点!検討に時間を

家族のための保険、子どものための学資保険
学資保険は貯蓄保険です。そのため、毎月の保険料は高くなりやすいという欠点があります。

もし途中で払えなくなって解約すると、大きく損することもありえます。これだけは避けないとなりませんね。

損することを避けるためには、きっちりとしたお金の計算とシミュレーションが大切です。

いまの給料、貯金、生活費、食費、娯楽費などを元に、保険料を払っていくのにむりはないか、また将来いくらお金が必要で、いくら分が保険でまかなえるのか、などを計算するのです。

こういった計算は一筋縄ではいかないし、プロに聞いた方が確実でしょう。そこで『保険相談』を利用してください。

家計のシミュレーションと一緒に、生命保険・損害保険の見直しも一緒にしてもらっちゃえば一石二鳥です。稼いでいるパパ(またはママ)の保障の増額が必要だし、妊娠も後期になるとママの保険の見直しがむずかしくなります。

保険の見直しはどうやる?→保険相談を利用すればOK!
保険ショップと訪問型の保険相談、どちらにしますか?

保険ショップ

  • アドバイザーの解説を聞きながら保険の比較ができる
  • ショップスタッフからFPなど、質は様々
  • 気軽に保険を見直したい人に最適!
    あなたはまだ?保険ショップの申し込みがぐんぐん増える8のワケ

訪問型保険相談

  • 資格をもった保険専門のプロに相談!
  • 取扱保険はFPによって変わってくる
  • 本格的な相談や、お出かけできない人にオススメ!
    コレ知らない人損しすぎ…専門家に直接相談できる2つのサービス