ウラがあるって?便利すぎる保険ショップ3つの謎

保険ショップには裏があるのは本当?

「無料なのはうれしいけど、なにかウラがありそうだ…」

もしかしたら、あなたはこう思ったこともあるかもしれません。やっぱり、保険ショップのことを心配に思っている人もいます。

  • 中立をうたってるけど、結局特定の保険商品ばかりおすすめされるんでしょう?
  • 今だけ安くなる!みたいな、まるでエステの体験の如く契約を迫られそうで怖い…
  • いろいろ教えてもらった後は断れないし、なかなか行けない…
保険の見直し

「無料でやるなんて言って、そう都合のいいことはないだろ。ほんとうに保険の見直しを考えるときだけに行かないと損をしちゃうぞ……」

こうやって、行こうと思うけどなかなか行けない、という悩みもあるんですよね。やっぱりわけが分からない場所には、あまり行かず完了できるのが一番いいですもんね(・_・;)

ここでは、そんな保険ショップの謎を解き明かしていきたいと思います。

もくじ

ウラがある?と思われてしまう保険ショップの謎を大解明!

  1. 無料でできるのはなんで?
  2. 契約を強要されそうな気がする…
  3. 本当に良い保険は実は紹介してもらえない?

無料でできるのはなんで?あとで請求されたりして…

「無料なのはうれしいけど、なにか裏がありそう…」

保険ショップで思う一番の不安がこれではないでしょうか?

「相談は無料だけど契約するときに手数料をふんだくってるんでしょどうせ?」
「加入するまで帰らせないような仕組みがショップにできてるんでしょ?ぜったい行かないよ!」

相談料・手数料、一切なし!
あなたもいろいろ感じているかもしれませんが、落ち着いてください。保険ショップでは、「 相談料、提案料、契約手数料、そのほかアフターサポートや保険管理手数料、事務手続き手数料」のようなものは一切ないんです。

それ以上に、加入しなくても何度も相談に乗ってくれたり、加入後のアフターサポートや保険の見直しは徹底して行ってくれます。

保険ショップは、このサポートが人気の秘密なんですね。

どうして無料でできるの?

ほんとうに不思議ですよね。でも、お金はちゃんともらっています。あなたやお客さんではなく、保険会社から手数料が支払われるようになっているんです。訪問型の場合は、FPとの契約料・紹介料で運営をしています。

あなたは、もしかしたら保険ショップを使うよりも、直接保険会社と契約した方が安いのでは?と思うかもしれません。

でも、ケータイショップを思い出してみてください。ケータイショップもキャリアショップも、どちらも変わりませんよね?保険ショップもそれと同じようなものです。

利用者は全国でグングン急増中!!
こういった側面もあり、今では利用者がグングン増えています。最近はCMも多く流れているので、これまで以上に利用者が増えているようです。

日によっては予約もとりづらい状況もあるみたいですよ。保険ショップに行く場合は、最初に予約をしておくのが無難でしょう。

予約はネットでカンタンにできますので、安心してください。

契約を強要されそうな気がする…体験エステみたいにしつこくやってくるのでは?

保険ショップでは、今より安い保険を探したいときにも活用できます。しかしそれで本当に安い保険が見つかったら「今ここで契約しないとダメな気が・・・」と、脅迫観念をもってしまうかもしれません。

そんなあなたに、一つだけ知っておいてほしいことがあります。
 

保険相談は最後どう終わる?

あなたは、もしかして「今だけ安くなる!とかいって帰してくれなそう…体験エステみたいに…」といった心配をしていませんか?

保険ショップで保険の見直し、比較

でもそこは安心してください。保険相談は、最後は「じっくりと検討してみてください」で終わることが普通です。少なくとも、自分の経験でも、他人の聞いた話でも、「契約しませんか?」と勧められたということはありません。

これがケータイショップだったら、「今なら安くできます」「いつ高くなるか分かりません」と、いま契約しないと損してしまうようなことばかり言われてしまうでしょう。

ただし、注意点もあります。

学資保険の注意点
学資保険は親・子どもの年齢によって保険料が高くなります。そのため、早めに入った方が返戻率が高いということになるんです。そういうことから、早めに入った方がお得と言われることはあります。

「自宅でじっくり考えます」でOK!
保険は、だれでも、すぐに加入できるものではありません。たとえプロに提案を受けた保険でも、自分で考え、自分で決めるしかありません。

だから、なにを提案を受けたとしても、「自宅でじっくり考えます」と答えればOK!

本当に良い保険は実は紹介してもらえない?かたよった紹介をされるというウワサ

こんなウワサもちらほら聞きますね。 あなたにぴったりの保険を選ぶためにも、大事にしてほしいことがあります。

「保険ショップは中立な立場」はほんとう?

あなたは、なぜ保険会社に相談せず、保険ショップを使うのでしょうか?

複数の保険を比較

それは、一つの保険商品だけでなく、ほかにもどんな保険があるのか、説明を聞きながら比較をしたい、という思いがあるからでしょう。

似たような保障で安い保険があるならそっちのほうがいいし、その保険が自分にとっていいものかどうか、ちゃんと理解してから加入したい、という思いもあるもしれません。

そのためには、なによりも『保険会社の中立性』が大事になってきます。

しかし、中には「ほんとうにオススメの保険は内緒にされると聞いたんだけど本当?」など、疑いの目があることも事実です。中立性をうたっている保険ショップでも、偏った説明をされる可能性はあります。

偏った説明をされる、2つの可能性

その1:キャンペーン
「FPや店舗スタッフが保険の契約を完了すると、その手数料が報奨金として、保険会社からFPやショップに支払われる」、というのが保険ショップの仕組みです。

その報奨金が、期間限定のキャンペーンでアップすることがあると言われています。その時期に、スタッフがその保険に加入してもらおうと、オススメしてくる可能性があります。

その2:その他の保険商品の知識がない
保険ショップには複数の保険会社を取り扱っています。多いと生保・損保含め、40社以上の保険会社を取り扱っていることも。取り扱う保険商品は、軽く100を超えるでしょう。

そうなってくると、そのすべての保険の保障内容を覚えていない可能性もあります。おすすめ保険だけ、内容を覚えているような感じです。

保険ショップの『保険クリニック』では、保険商品をコンピュータで選出する、独自のシステムがあります

残念ながら、偏った説明をされる可能性は捨てきれません…。では、その場合、どうしたらいいのでしょうか?まずは以下の点はチェックしてみてください。

  • 不明な点をすぐに保険会社に確認しているか?
  • メリットだけを説明し、デメリットの説明が不十分でないか?

気になる、同じようなタイプの別の保険と比較しもらい、「何が違うのか」を質問してみるのも効果アリ。うやむやにされてしまったら、再考の余地アリです。

 

とはいえ、大事なことだから保険はプロに相談がベスト!
保険は複雑で難しいものですよね。さらに【保険は、人生の中で2番目に高い買い物】と言われています。

それだけ大切なものだから、ちゃんとした相談がしたい!とあなたは思いませんか?中には、保険が本当にいいのか、学資保険じゃなくて他の方法がいいのでは…と思うこともあるでしょう。こんな相談を保険ショップにするのもなぁ…と思うことはありませんか?

もし保険ショップに心配があるなら、プロのFPに直接相談ができる『FP相談サービス(訪問型保険相談)』を利用してみてはいかがでしょうか?

保険ショップとFP相談サービスの違いとは?

種類相談相手相談相手の実力相談場所活用方法
保険ショップFP、ショップスタッフプロ、ベテラン、未経験入社保険ショップ各店舗(一部訪問可能)学資保険に加入したいが、どの保険が返戻率がいいかなど、気軽に保険の相談をしたい方向け
FP相談サービス(訪問型保険相談)FP資格などを有するベテランのプロなど自宅、カフェ、レストラン、FPの事務所学資保険と保険以外の方法 どっちがいい?などの本格的な相談

どちらを使っても無料です。両方とも相談してみて、条件がいい方の保険に加入するという選択肢もありますよ。

コレ知らない人損しすぎ…専門家に直接相談できる2つのサービス